Fusion
Hanaoka, 2013

東洋と西洋、工業デザインと伝統工芸。このプロジェクトでは、遠く離れた2つの文化と2つの物のつくり方が融合している。黒檀とハードメープルで作られた2つの木製キッチンナイフFusion。日本の伝統的な木工芸からインスピレーションを受けたこれらのナイフは、京都で活動する日本人の職人、花岡一生によって手作りされた。人間工学に基づいた柄のデザインで、滑りにくく快適な使い心地。サイズは2種類で、パンを切るのに適した波刃と、チーズやフルーツ、デザートに使いやすいストレート刃の2種類の刃を用意。継ぎ目のないシームレスなデザインにより、お手入れが簡単で清潔に保つことができる。加えて、日本の伝統的な桐箱にイタリアの現代的なデザインを取り入れた、高級感あるパッケージとなっている。

Read more